ライブスター証券のメリットと主な特徴とは?独自のシステムで使いやすい!

- 最近FXを扱い始めたライブスター証券という会社の主な特徴

最近FXを扱い始めたライブスター証券という会社の主な特徴

東京の都心にある駅の1つから歩いて大体10分ぐらいの場所に、ガラス張りのビルがあります。
私はそのビルの近くは何回も通りがかっていって、以前からそのビルの事が気になっていました。
そのビルは、ライブスター証券がオフィスを構えているビルになります。
実はそのビルには、ライブスター証券以外にもさまざまなFX業者もオフィスを構えているのです。
私の知っている範囲で、ライブスター証券を含め3社ぐらいがそのビルにオフィスを構えています。
かなり立派なビルですので、そのビルを見れば誰もがその会社は信頼できそうだというイメージを描くと思います。
ライブスター証券という会社は、意外と歴史は古いそうなのです。
戦後まもない時期に、設立がなされたようなのです。
ライブスター証券でFXを取り扱うようになったのは、意外と最近のようです。
そして会社の良し悪しを判断する際の基準の1つは、自己資本規制比率です。
今年の3月の時点での自己資本規制比率は、230%前後だそうです。
会社の自己資本規制比率の目安の1つは、だいたい200%を超えているか否かといわれています。
したがってその基準ではライブスター証券は信頼ができそうな会社という事になります。
もっとも200%という数字はかなり多めに考えられているものです。
実際は120%などを下回ると業務停止命令などになるようですが。
それをかなり上回っていますので、やはり信頼が置ける会社という事になります。
ちなみに株主の会社は、金融商品などを扱っているようです。

取引のシステムなどに関する特徴

さてこのライブスター証券<http://binaryoption-fisar.com/>という会社は、その取引のシステムなどに関していくつか特徴があります。
例えば、ライブスター証券では現状パソコン版とモバイル版の様々な取引のシステムを用意しています。
パソコン版は2種類で、モバイル版は3種類となります。
それらは非常に使いやすくまとまっていって、なおかつ取引に対して重要な情報を見る事ができるものなのです。
そしてライブスター証券では、スワップポイントがかなり高めに設定されています。
現時点では南アフリカランドで10万通貨の買い注文をする事で、一日当たり130円のポイントが付くそうです。
この数字は、ほかの業者と比べるとかなり多い方だと思います。
したがってライブスター証券の場合は、スワップポイントに非常に大きなメリットがあるといえるのではないでしょうか。
ちなみにライブスター証券の場合は、そのスワップポイントは日々受け取る事が可能となります。
決済しなくてもスワップポイントだけを受け取る事も可能です。
ライブスター証券には、他にもいくつか特徴があります。
ライブスター証券では口座開設をしてからは、取引に至るまでのスピードが非常に早いようです。
口座開設の申し込み後に取引ができるのは、早ければ翌日だそうです。
翌日に取引ができるというのは、ほかの業者と比較をしてもかなり早い方です。
ちなみに先ほどの取引ツールでは、取引のスピードが重視されている一面もあります。
ライブスター証券という会社は、色々な点でスピードを重視している一面もあると言えるのではないでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

2014/11/27

最近FXを扱い始めたライブスター証券という会社の主な特徴の情報を更新しました。
2014/06/13

HP更新運営・担当者情報を新規投稿しました。
2014/06/11

色々とツールなども揃っているの情報を更新しました。
2014/06/11

自分の過去の売買の履歴を表示させる事ができるの情報を更新しました。
2014/06/11

程度画面を好きなように調整や変更などができるの情報を更新しました。